転職の動機が大切、動機を無視してはいけない | 悩み相談読むサイト

転職の動機が大切、動機を無視してはいけない

転職の動機

このところ転職に関するご相談が増えております。

転職を考えているのだけれども、その転職が果たして正しいのか?間違いなのか?その判断というのは迷うものです。

辞めてから後悔しても遅いので、判断を誤りたくはないですよね。

先日も転職は逃げではないという記事を書かせて頂きましたが、もちろん時と場合によるのです。

[blogcard url=”http://spiritual-monjirou.jp/tenshoku”]

転職を考えた時に、その転職が逃げなのかどうかは、動機が1つの判断材料になります。

あなたが仕事を辞めたい理由はなんでしょうか?もしもその動機がただの逃げや怠慢であれば、転職先でもまた同じことでつまずいてしまうかもしれません。

つまずいた原因から逃げていると、また同じことでつまずいてしまうのです。その原因はあなたの改善すべき課題である可能性が高いのです。そこから目をそらしても課題はついてくるのです。

どうしても辛いのであれば辞めてまた出直せばいいです。気持ちをクリアにして出直すことで次は課題をクリアできるかもしれません。

ですが、まだなんとか頑張れる!と思うのであれば、起きている問題に向き合うべきかもしれません。

転職の理由が、他にやりたい仕事があるから転職するといった前向きなものや、致し方ないことなら逃げではありません。

転職は簡単にできても、転職する動機次第で次に頂けるご縁も変わります。『転職の動機が何か?』というところは意外と重要なのです。

今回ご紹介致しますのは、転職に関するご相談ですが、まずはその内容をご紹介させて頂きます。

ご相談内容

30代の既婚女性、K様からのご相談です。

小さな事での相談で恥ずかしいのですが、仕事のことでお聞きしたいので、よろしくお願いします。

結婚前、仕事が続かず、職を転々としました。

原因は、人間関係が下手であること、人が怖い、仲良くなりたいのにどうしていいかわからない、自己否定が強い、表現が下手、プライドが高い

・根気がなくてすぐ逃げたくなる
・覚悟が足りない
・情緒不安定
振り返ってみるとそんなところです。

結婚後は、専業主婦をしていてもママ友と上手く付き合えない、宗教に入る(その時は理由があったけど、寂しかったからかなと今は思います)などしてしまいました。

それ以外にも理由があるけど、やっぱり仕事をしてる方がいいと思い、アルバイトに出ました。

でも、結婚前の弱い部分に加えて、体調がすぐれない(ホルモンバランス?自律神経?)
ということもでてきて、やっぱり、気持ちが仕事にしっかり向かず、人間関係のつまずきとで、アルバイトを転々としました。

今はスーパーで働いていますが、スーパーのなかでもとても忙しいところです。体の疲れが大きいので、今は時間を短く、日数も少なくしてもらっています。

従業員が少なく辞める予定もあるので、今後時給の上がる見込みはないけど、仕事の量と責任が求められそうです。

子供が大きくなり、出費が増えたこと、自分の欲から、もっと稼ぎたいと思うのですが、

・今の職場で、今のまま少し稼ぐ
・体が楽な仕事を探してもう少し時間、日数を増やす
まず、大きくこの点で揺れています。

転職するとしたら、
・同じ職種でか違う職種か、そもそも、なにに向いているのか
・転職のチャンスはくるのか
が、気になっております。

という上記のご相談を頂きました。

鑑定結果

転職をすることで、未来が開ける方もたくさんおられます。私は転職すべきだと思う方には転職を勧めています。しかし、K様の場合は転職すれば良いという問題ではなさそうです。

K様は転職を繰り返して来られたことで職場に居場所を無くして来られました。今、転職してもまた同じことが繰り返されてしまいます。

ご自分に対してとても厳しい評価をされておりますが、仕事が続かず職を転々とすることが自分にとって良くないことだとわかっておられるのですね。

人間関係がうまくいかないのは、職を転々としても繰り返されることが多かったはずです。それは転職をすることが求められていたのではなく、本当は問題に向き合うことが求められていたからです。

K様が問題から逃げている限りは、何度も同じことが繰り返されます。

根気がなくすぐに逃げたくなったり、覚悟が足りなかったと反省されておりますが、それは確かに一理ありです。転職しないためにどうしたら良いか?ということに目を向け、向き合っておられたら未来は変わっていたのかもしれません。

転職は難を逃れる選択だったと思いますが、実は逆に自分を追い込んでいく選択だったのです。

K様は環境の変化に強いほうではありません。とても繊細で傷つきやすいので、本来は気心が知れた仲間に囲まれて仕事をする方が良いのです。

その関係性を築く前に転職されるので、職場に自分の居場所がをなくしていったのです。収入を得るために、ただただ我慢するだけになっていたので仕事が続かなかったのです。

これから同じようような失敗をしないためにも、過去の教訓を活かしてほしいのです。

今スーパーで働いておられて、忙しくなるので辞めるかどうか悩まれているのですね。できればここは一踏ん張りして辞めない選択をしてしてほしいのです。

K様は気づいておられるかわかりませんが、今の職場でのK様の評価は悪いものではありません。おそらく上司の方はK様を信頼していると思います。

K様を任せられる人材として見ておられるようなので、せっかく得た信頼が、辞めることでまた0からのスタートに戻ってしまいます。それではこれまでと同じことが繰り返されます。

これまでのK様なら、迷わずに辞めていたかもしれません。でもそんな自分の選択が間違えているのではないか?と疑問に思いご相談をくださったのだと思います。

今、思いとどまり乗り越えるというのは、K様にとって今後の自信になり、転職を繰り返すこともなくなります。今のお仕事に確たる居場所ができて定着するからです。

K様は今、成長するか同じことを繰り返すかの分岐点にいるのです。

見えない存在にK様が、これまでと違う選択(『やってみよう』という決意)をするかどうかを試されているのです。ここでやってみる選択をした場合、無茶苦茶なことにはなりません。ちゃんと救いの手を差し伸べてくださるので、人手不足もさほど問題にはならないと思います。

忙しくなるのかもしれませんが、それは一時のことだと思います。やっていけないほど酷い状況にはならないはずです。

上記のことを踏まえてご質問に答えさせて頂きます。

Q、今の職場で、今のまま少し稼ぐ。体が楽な仕事を探してもう少し時間、日数を増やす。

A、このご質問の回答は、今のまま稼ぐ選択が良いです。今のK様の課題は転職することよりも、仕事を続けることです。体が楽な仕事はあるかもしれませんが、今そこへ行っても人間関係のもつれで辞めることになりかねません。

今は時給が安くとも、K様を認めてくださっているので、今の職場で働くほうが良いのです。それに人間関係も、悪くはないのではないですか?だったら辞めるべきではありません。

K様の体調不良は精神的なものですので、人間関係が重要になります。転職して新たな環境になれば厳しいことも増えるので体にも良くありません。それを考慮してもやはり続けたほうがよいのです。

Q、同じ職種でか違う職種か、そもそも、なにに向いているのか。転職のチャンスはくるのか。

A、今は転職のチャンスを考える段階ではありません。スーパーのお仕事は末長くできるお仕事です。もしも何かしらの事情が発生し辞めざるえない状況になったら転職のことを考えなければなりませんが、お勤めできる限りは転職を考えることはないのです。

何に向いているのか、それは、作業的なお仕事が向いております。工場内でのライン作業や、お店の品出し作業や、製造業など、どちらかというとひとりで黙々と作業するのが得意でいらっしゃいます。

逆に営業職のようなトーク力の必要なお仕事は向いておりません。ですが、スーパーや飲食店のようなマニュアルに沿ったサービス業は問題ございません。

上記のことをお伝え致しました。

鑑定結果へのご質問とご感想

鑑定して頂きまして、ありがとうございました。

ほっとしました。

気持ちが軽くなりました。

救いの手も頂けるのなら、気持ちを新たに、今の仕事を続けてみようと思います。

「ただ、いろんな雑念が湧いてきて、辞めたい気持ちになると予想されるのですが、よい乗り越え方はあるでしょうか?」
甘えた質問ですみません。

4月に思い立って伏見稲荷に初めて行きました。その時、変わりたい、というようなことを祈りました。
変わるキッカケが欲しかったです。

門次郎様のブログを見たのは、つい最近です。相談のメールをする直前くらいに伏見稲荷とご縁がある方と知って、お参りしたからつながらせていただいたのかなと、勝手に思っています。


上記のご感想、ご質問、ご相談くださったきっかけをご説明くださいました。

伏見稲荷にご参拝くださりご縁を感じてくださったようですが、こうして伏見稲荷繋がりでご縁を頂くことが多いので、私としてもありがたいことだと思っております。

また、ご縁を感じてくださったのは、本当に見えない存在が導いてくださったご縁ですので、K様のおっしゃっていることは間違いではありません。知らず知らずのうちに導かれているものです。

ご質問への回答

Q、「いろんな雑念が湧いてきて、辞めたい気持ちになると予想されるのですが、よい乗り越え方はあるでしょうか?」

A、これはとてもシンプルな心構えで良いのです。『変わりたいから仕事を続ける』単純にこれだけの心構えがあれば大丈夫です。

変わった先には良いことがあります。それを信じていればくじけそうになっても踏みとどまることができます。

人生山あり谷ありですので、波があるのは仕方のないことですが、今の職場では思いとどまることができると思いますよ。

どうしても辞めたくなればまた転職して一からやり直せば良いのです。

転職するなら動機を大切にしてください。

やってみたい仕事があるという前向きな動機であれば逃げにはなりません。辞める理由が怠惰でなければ良いのです。ご参考までに。

伏見稲荷にお越しになったのですね。伏見稲荷で変わりたいとお願いされたから私とのご縁ができたのですよ。だからきっと変われます。これを機に変わってください。

上記のようにお答えさせて頂きました。

K様はまた辞めたい衝動に駆られることを懸念されておりますが、実は今のK様にはそれを乗り越える力がございます。

ですのでそこはあまり気にせず、ただただ、自分は変わるんだという気持ちを持って頂ければ自然と乗り越えることができると思います。

上記のことをお伝えさせて頂きました。

仕事を辞めるのであれば『動機が重要』

動機というのは、仕事だけではなく、何をするにもとても重要なことなのです。

動機が不純なものはやがて朽ち果てます。

仕事を辞めるにしても動機が不純であれば逃げになりますので、課題が後から付いてきます。

そうすると同じことを繰り返すことになるので、前に進みたいのであれば、課題と向き合はなければなりません。立ち向かわなければならないのです。

K様はその分岐点におられるので、この機会に課題をクリアしてほしいと思います。課題をクリアすることで、K様に様々な良い変化が表れるので楽しみです。

今はまだ不安だと思いますが、きっと乗り越えられますので、応援しております。

以上、転職の動機が重要でした。

フォローする