栄転の話を受けるべきかのお悩み、人生には時期がある | 悩み相談読むサイト

栄転の話を受けるべきかのお悩み、人生には時期がある

栄転の話を受けるべきかのお悩み

今回は仕事の仕事の分岐点に関するご相談でした。

もしもサラリーマンで本部への栄転の話がきたら、あなたなら迷わず受けますか?

兼ねてから願っていた話なら迷わずに受けると良いでしょう。しかし、あれこれ考えて不安が勝るようであれば、見送るというのも選択肢の1つだと思います。

栄転を拒否したことで、チャンスを失うこともあるのでその判断というのはやはり慎重に行ないたいものです。

今回のご相談は、仕事の分岐点で栄転の話がきているけれども不安もあって、どうすべきか判断に迷われているというものでした。

30代の働き盛りの男性、A様からのご相談です。まだまだこれから将来のある男性ですので、栄転となり成果を上げれば出世街道真っしぐらだと思いますが、成果が出なければ潰れてしまうリスクもあるご相談です。

仕事の分岐点、ご相談内容

職業、スーパーの店員。ある部門の責任者をしております。将来についての相談です。

先日、部門のトップが本部から私に会いに来て、『本部に来てスーパーバイザーにならないか?』(店舗をフォローする役職)と聞かれました。

私のポジションから次のステップ(出世)として、副店長になるか本部に行くかですが、現在の部門は窓際部門でそこから副店長に昇進するには難しいです。

なので、本部への誘いはチャンスですが、不安です。私は緊張しやすく会議になると緊張で体調を崩す為、会議や緊張する場面では精神安定剤を服用します。最近は症状が軽くなっていますが本部に行ったら会議が多いので心配です。(薬を服用すれば大丈夫だと自分では思ってますが…。)

それと、飲み会が苦手で本部に行くと飲み会が多いので、本部行きを敬遠してました。

本部行きにチャレンジするか?

時間は掛かるが店舗配属のまま副店長になるのを目標にしながら働くか?迷ってます。

この前に上司に曖昧に返答をしたので、今度ははっきり意思を決めて話そうと思い、鑑定を希望しました。

Q、仮に本部に行ったとしてスーパーバイザーとして仕事はこなせるか?

Q、本部は癖のある人や苦手な人が多いがその中で仕事をして耐えれるか?

Q、意思を決めたら、部門のトップに意思を伝えた方が良いか?

Q、このまま、意思表示をしなかった場合、本部に行く確率が高いか?そのまま、店舗勤務の確率が高いか?

Q、将来、更にステップアップを目指すにあたり、本部に行くのと、このまま店舗勤務でいるのと、どちらがステップアップのチャンスがあるか?

以上が悩みです。本部、店舗それぞれの良さや大変さはあり、最終的には自分の努力したいだと思いますが自分にはどっちが向いているか、アドバイスお願いします。


上記のご質問を頂きました。

A様にとっての最善な道は栄転か?現状維持か?どちらが良いか鑑定させて頂いたお答えが以下のものになります。

鑑定結果

スーパーバイザーにならないか?という話を頂けたのは素晴らしいことですね。そのような評価を頂けたのはA様が仕事に対して非常に真面目だからです。

A様は責任感が強く、仕事を忠実にこなすことができ、温厚な性格から人からの信頼も厚いです。人の上に立つという意味では部下にも慕われるので良い評価を頂けると思います。

上記に挙げましたのはA様の良い部分ですのでこれからも長所を生かしてご活躍ください。

気をつけなければならないのは、優しい性格ゆえに攻撃的な人が居る場所では萎縮してしまいA様の良さが出せないことです。

ゲキを飛ばして出世していくタイプの人が多いと予想される本部ではA様にある程度のキャリアがないと潰されてしまう可能性があります。

A様が会議の時に緊張してしまうのはどうしてかなんとなくお分かりですか?

それはまだ自分のキャリアに自信を持てていないからです。自分という人間の考えが世間に通用するレベルに達していないとお考えではないですか?

A様に必要なのはまずは経験です。会議の緊張につきましては自信がつけば緊張しなくなります。逆に率先して意見をしたくなると思います。

会議の緊張を克服しようと頑張る必要はございません。緊張を解くために頑張るのではなく、日々の業務をしっかりすることを考えて行けばよいです。気づけば次第に緊張が和らぎ症状は治ります。

以下、ご相談で頂いておりましたご質問にお答えしていきたいと思います。

Q、仮に本部に行ったとしてスーパーバイザーとして仕事はこなせるか?

A、本部は風当たりがキツイので、仕事をこなせても精神的にかなりキツくなります。今の段階で本部に行くのはまだ早いと思われます。本部に行っても結果を出す前に挫折する可能性が高いので、今はまだ仕事をこなせないかもしれません。

Q、本部は癖のある人や苦手な人が多いがその中で仕事をして耐えれるか?

A、現在のキャリアでは難しいです。あと5年もすれば十分なキャリアがついていると思いますので本部に行っても一目置かれた人材になると思います。本部に行くにしてもあと2~3年はキャリアを積んだ方が良いです。そうすれば風当たりもキツくないので仕事をすることができると思います。

Q、意思を決めたら、部門のトップに意思を伝えた方が良いか?

A、はい、伝えたほうが良いです。

Q、このまま、意思表示をしなかった場合、本部に行く確率が高いか?そのまま、店舗勤務の確率が高いか?

A、意思表示をしなかった場合は、本部に行かされる確率が高いです。

Q、将来、更にステップアップを目指すにあたり、本部に行くのと、このまま店舗勤務でいるのと、どちらがステップアップのチャンスがあるか?

A、まだあと数年はキャリアを積む意味でも店舗勤務が望ましいです。現段階で本部に行くと潰れてしまいます。ステップアップのつもりが退職へと追い込まれる可能性があります。あと数年は店舗勤務、30代後半になると本部でも通用するくらいになっています。本部に行くなら数年後とお考えください。それがステップアップに繋がります。

本部に行かない理由として今は、「自分は副店長としてやってみたい」という意思を上司に示してください。「自信がないから本部は嫌だ」とは言わないでください。

本部よりもまずは副店長をしたいんだと言う断り方をされた方が良いです。

副店長というキャリアができればA様の自信に繋がります。そして店長として店舗を任されるという未来もあります。

実際に副店長に就任できればよいですが、できなかったとしても現時点では本部に行くべきではないということはわかります。

私は会社の事情が細かく視える訳ではありませんが、A様が副店長に就任するのは現実的に可能なことだと思います。現在34歳ですが、そろそろそのような話もあるかもしれません。
焦って本部に行くことはありません。また必ずお声がかかると思います。その時に自分に自信がついていたら話を受けたら良いと思います。

自分の良いところをこれからも伸ばしてください。きっと周りの人から助けられて出世することができるので、今の会社で末長く頑張ってくださいね。

ということをお伝えしました。

チャンスはまた巡ってくる

A様にはあまり強く言わなかったのですが、今回の栄転を断ったとしても、副店長になる話がくる可能性が高いです。私には副店長や店長に昇格される姿が視えました。

現在のA様の状態から副店長としてのキャリアを積み、その後栄転するか、店長へ昇格するか、という流れになると思います。

先を急ぎ無理をして栄転すればせっかくのA様の未来を潰すことになるので、今は栄転するよりも副店長を目指して頑張ってほしいと思います。

皆様もこうした分岐点に立たされることがあると思いますが、もしも不安が勝るようであれば無理をしてはいけません。A様のように冷静に考えることが必要だと思います。

ちなみにA様は鑑定結果読んで、「店舗勤務で経験を積みステップアップするように頑張りたいと思います。」とおっしゃっておりました。

迷いが吹っ切れたようで安心しました。これからご活躍される方ですので、焦らず地道にコツコツと頑張ってほしいと思います。

以上、仕事の分岐点・栄転の話を受けるべきか?でした。

フォローする