適職を知り適した環境へ転職する | 悩み相談読むサイト

適職を知り適した環境へ転職する

適職を知り適した環境へ転職する

仕事を辞めたい気持ちが、甘えなのではないか?という疑問を持たれる方は多いと思います。

今回のご相談者様も転職を考えておられるのですが、身内以外の第三者からの意見が欲しくて相談したとおっしゃっておりました。

仕事が原因で体調不良になっておられます。そういった場合は辞める選択は間違いではないと思います。無理に働くことはないと個人的には思います。

体調を崩す職場から適職へと進路変更して、仕事を楽しめるのが理想の形だと思います。

仕事をして体調不良になっておられる方は、ご相談者様と似た理由で体調不良になっているかもしれません。

そういった方の参考になればと思います。それではご相談内容をご紹介致します。30代の既婚女性からです。

ご相談内容

はじめまして、Sと申します。
私の仕事のことで初めてご相談させていただきます。

私は数年前に結婚しましたが、フルタイムで働きながら家事をするのが体力的に厳しくなったため、約10年間勤めた事務職を退職し、現在は別の中小企業で総務部に配属され事務職をしています。

現在働いている会社は私の実家のそばにあり、会社の存在も昔から知っていたところにたまたま求人を見つけて現在に至ります。

現在の仕事は主に入力や管理、提出する書類の準備、社内行事の準備などのお手伝いをしています。

私は一つの作業に対してコツコツ取り組むことに向いていると思っているのですが、部署柄か同時進行でいくつもの作業が平行するため、なかなか作業に集中することが出来ません。頭の切り替えが難しいのです。

そして私が入社する少し前から上層部からの指示により仕事の種類と量が拡がっていき、人員はほとんど増やさずに何とかまわしている状態です。

会社の外見からは分からなかったのですが、同じ部署の人たちも疲労のせいか苛立ちで社内がピリピリしていることが多くなり、私に向けられた苛立ちでは無くてもその雰囲気を感じ取ってしまい、私は前の会社で働いていた頃よりもストレスで体調を崩して仕事を早退したり休んでしまうことが多くなりました。

おそらく、ネガティブな念をまともに受けてしまうからだと思います。(自分が憑依体質かどうかは不明です)

症状は平熱でも疲労感・倦怠感がある、耳鳴り(過去に自律神経失調症を患っています)、腰痛、会社に行くと腹痛・下痢(過敏性腸症候群と診断されました)、偏頭痛(MRIで調べたところ異常なし)です。

現在は病院から処方された薬を飲んで症状を抑えて何とか過ごしています。ただこのような体調が続いているので家事をするのも辛いです。

夫も平日は仕事から帰宅するのが夜遅いことが多く疲れているため家事を頼むのも気が引けます。(しかし私が寝込んで動けない時には率先してやってくれます)

仕事の内容や職場の環境改善について上司との面談も行い、私はストレスから体調がすぐれないということと、この先もこの環境で働ける自信が無いため、私は会社を辞めようと思っていることを伝えました。

上司からは「働きやすくなるように環境改善出来るところから他の部署とも連携して直していく」という返事をもらいましたが、なかなか一朝一夕には難しい、と個人的に感じています。

夫にも相談したところ、私の体調がすぐれない状況が続くなら仕事を辞めてもいい、と言ってくれているので私の判断次第となります。会社を辞めることが正式に決まってストレスから解放されて症状が治まるのなら良いのですが。

もし会社を辞めたら、次は地道に作業が出来る職場を探そうと思っています。子どもはおらず、専業主婦になっても何とか生活は出来ますが体調が許す限りは働きたいと思っています。

もうすぐ○歳になり年齢的にもギリギリかと思いながら、出来れば再度事務職への転職を考えているのですが、長く歩んできた事務仕事以外にも進める道はあるのか?と思うようになりました。

最近、何気なく見ていたテレビ番組の取材で、交通の不便な地域で移動手段のない住人たちのために、儲けはほとんどなくても住人たちのために食べ物や雑貨等を仕入れて家の軒先で販売している人を見て、私もその人のように近所の人たちが顔を合わせられる寄合のような場所を作って商売が出来たらいいなぁ、と考えるようになりました。

前の職場ではお客さんの会社まで出向いて色々とやり取りすることが多く、良く見知った人と話すことは苦にはならない方だと思います。

ただ、それを考え始めた時に自分は仕事として何が本当にやりたいのか悩むようになってしまいました。

これまでと同じように事務の仕事をして生活し、人の集まりにはボランティアと割り切って趣味で参加するぐらいがちょうど良いのか?

時間はかかっても上記のような仕事へチャレンジしてみる方が良いのか?

それとも私が気付いていない向いている分野が他にあるのか?

しかし次にどの仕事に就いたとしても、今のような症状が出てしまうと結局途中で投げ出してしまうのではないかという恐怖もあります。

私自身が向いていると思っている事務仕事を続けていけば良いのか、それ以外に適職があるのか、門次郎様へ見ていただきたく思いメッセージをお送りさせていただきました。

長文大変失礼いたしました。

鑑定結果

S様のお写真を拝見して得意な分野や不得意な分野を大まかに視させて頂きました。その上で適職も視えてきましたが、その前に現在のS様の状況が視えてきました。

テンパる環境に体が悲鳴をあげている

まずはじめに視えるのは、複数のことを同時にこなすことが苦手でいらっしゃるように視えます。どうしてこのようなことを言うかと言うと、テンパる様子が視えるのです。

例えば、決められた仕事以外に2つ3つ仕事を頼まれたりすると、全ての仕事がおろそかになりミスが増えたり、作業が遅くなったりして、段取り良く仕事をこなすのが苦手でいらっしゃるように視えます。

同時にいろいろなことをしようとすると、テンパってしまうので、冷静な判断ができなくなる傾向があります。複数のことを同時にこなすことが苦手な反面、ご自身でおっしゃるように1つのことをコツコツこなすのは得意でいらっしゃいます。

お写真を拝見すると、一番最初にテンパっている様子が視えましたが、体調不良の原因もそこにあります。おそらく気の張りすぎで体が悲鳴をあげているのだと思います。

職場の環境が精神状態を悪くしているので、体調不良を治すには、退職するか職場の環境を変えてもらうかです。

事務職自体は向いていないのではありません。無理のない仕事量であれば何も問題ありません。本来であれば事務仕事は適職です。

職種の向き不向きの前に、忙しい仕事や、情報量が多い仕事、あれこれいろいろやらなければいけない仕事など、1つの仕事に集中できな仕事は職種に関わらず適職にはなりません。

いろいろなことを同時にできる方は1つのことをコツコツするのが苦手な方が多いですが、S様の場合はコツコツするのが得意です。

S様の長所

1つのことをコツコツする時のS様の集中力はなかなかのものです。これは天性のものですが、1つのことに没頭したら止まらない性格ではないですか?

例えば、何かを創作する時など、1つのことに没頭できない人はすぐに飽きて投げ出してしまいます。しかしS様はなかなか集中力が切れません。1つのことにずっと向き合っていられる集中力をお持ちです。

この集中力というのはS様の武器ですから、これを仕事に活かすことができれば適職となります。

あいにく今の職場では1つのことに集中できる環境ではなさそうなので、S様の長所が死んでおり、短所ばかりがクローズアップされております。

そもそも自分の長所が何か?ということも、自分では気づかないものです。基本人はネガティヴですので、悪いところばかりに目がいくものです。人から言われて、言われてみればそうかも…という感じかもしれません。

S様の長所(1つのことに集中できる。長く続けることができる。)を仕事に活かしていくべきなのです。それを踏まえた上の仕事が適職となります。

事務であっても、構内作業であっても、物作りの仕事であっても、注目しなければならないのは、1つのことに没頭できる職場かどうかです。

複数のことを同時にこなすことが苦手な分、1つのことに集中する力と継続力は大したものだと思います。その長所を活かした仕事をすることで、仕事も体調も良い方へ向いていきます。

今は自分に不向きな環境で生きてらっしゃるので体調不良になっています。体が拒絶反応を示しているのです。

幸いにも旦那様が理解のある方で、仕事を辞めても良いとおっしゃっているのでしたら、その言葉に甘えて一旦休ませて頂いてはどうですか?

もしもこのまま無理に仕事を続けると、もっと体調を崩す可能性もあるので、辞めることを考えられた方が良いです。

上司との面談で「働きやすくなるように環境改善出来るところから他の部署とも連携して直していく」とのことですね。とても理解のある上司で素晴らしいと思います。

ですが、上司の想いが現実となるのはまだ先のように思います。上司はちゃんとS様達のことを考えていますし、職場の環境を変えようと働きかけてくれます。しかしその話が現実となるのはまだ先の話になる可能性が高いです。

実際に環境が変わるまで待つのもS様には大変負担になることですし、そうまでして働くことが正しいとも言えません。無理して続けることよりも、見切りをつける勇気の方が今のS様には必要なように思います。

S様の適職と、適した環境

それとS様にピリピリした環境は合いません。S様自身がおっとりしていらっしゃるので合わないのです。念もどちらかと言えば受けやすい傾向にあります。

受けた念を吐き出すところがないので蓄積されていきます。これでは悪循環です。

ご相談くださったのは、私が背中を押すためです。この鑑定結果を読めば気持ちの整理もつくと思います。ちなみに今の仕事を辞めることで体調不良も治ります。辞めることが治療となります。

次の仕事については上記のとおり、1つのことに集中できる仕事です。繰り返し同じことをする事務でもいいですが、本当は物作りが適職だと思います。

物作りのでもいろいろありますが女性的な物を作る仕事が向いております。例えばオシャレ小物を作る仕事だったり、刺繍などを扱う仕事、和を基調とした物作りです。大きな物作りではなく内職的な小さな物作りです。

手先が器用でいらっしゃるので、小さな物作りは適職です。1つのことに集中でき、物作りへの達成感もあります。そして丁寧な仕事をするS様の性格は物作りに適しています。

慣れ浸しんだ事務でもよいのですが、仕事の面白さでは物作りの方が上です。収入を得るための事務職か、特技を兼ねた物作りか…というところです。

現実的に小物作りの仕事があるかどうかわかりませんが、もしも探してみて見つかりましたらチャレンジする価値はあると思います。楽しさを感じる仕事は理想的だと思いますので。

人との関わりについてですが、ボランティアと割り切って趣味で参加されるくらいが丁度良いです。ボランティア的なことを主体にされても良いですが、収入面で乏しくなるので、ボランティア程度のほうがバランスが良いと思います。

どちらかに偏るのではなく、バランスが大切だと思います。バランスを取ることでうまく回ると思います。バランスが崩れるとつまずいてしまうので、偏らないようにしてください。

体調不良に関する不安については、最初に述べたように、テンパることがないような仕事であれば問題ありません。今の環境が体調不良を引き起こしています。今の環境と違う環境を選べば治ります。心配はいりません。

職場を決める時は従業員の表情を観察する

次の職場が良いか悪いか勤めてみなけれわからない部分ではありますが、面接時に従業員の方々の顔を見ることができれば、見て判断してください。

過酷な環境で働くと顔がキツくなります。キツい顔の人が多いと思ったら、過酷な労働をさせる職場の可能性が高いので辞退してください。

従業員の方々の顔つきはとてもわかりやすい判断材料になるので、見ることができるのでしたら、しっかりと見極めてください。

仕事は事務か小物作りが適職だと思いますので、探してみてはいかがでしょうか。

体調を崩してまで今の職場で働くことはありません。旦那様とよく話して辞める方向で考えられてはいかがでしょうか。

次の就職先を見つけるもの難しいことではないと思います。S様は面接ウケが良いと思いますのでご安心ください。

上記の鑑定結果をお伝えしました。

鑑定結果へのご感想

さっそく鑑定していただきましてありがとうございます。

私のテンパる姿が視えたとのことで、それはおそらく私の仕事中における姿ですね(汗)

おっしゃる通り、同時進行の作業が苦手で特にルーチンワーク以外にイレギュラーなことがあると、通常作業との優先具合が分からなくなることがよくあります。

考えがまとまらなくなって、まるで手に取った砂がすり抜けて落ちていくような感じです。

作業の締め切りを必ず聞くようにしているのですが焦ってしまいます。

ミスをしないように早めに処理をしようと仕事中は常に気が張っているのも確かです。

帰宅しても、張った気がすぐにリラックス出来るわけではないので家にいてもグッタリしています。

仕事以外で実害がほとんど無いとはいえ、複数のものを同時に作るような料理も苦手です。

作業量がたくさんあっても、順番に目の前の一つのことに集中出来るなら何とかやり通せるのですが。

無理が祟り過敏性腸症候群に…

実は今の会社に入って3ヶ月経った頃に原因不明の腹痛と下痢が続いたため病院で診てもらったところ、消化器に器質的な異常は無く、先のメッセージに書いたように過敏性腸症候群であると診断されました。

その頃はまだ仕事に慣れていないのもあったため、そのストレスだろうと思っていました。

今思うと、私にとって環境が合っていなかったのですね。

体調が良かった頃は、物事に集中すると休憩も取らずに没頭することがありました。

休憩してしまうと集中力が切れて続ける気力が萎えてしまうので勢いで進めていくことがありました。

私は趣味で漫画のようなイラストを描くのですが、それもキリがつくまではやめられない性分でした。

没頭中の私の顔を夫に見られて「怖い」と言われたことがあります(^^;)

今は体調がすぐれないためか、やり続けることが辛いのですぐに止めてしまうのですが、体調が良くなればその力も戻ってくると思います。

会社の上司はまだ若く昇進したばかりですが、部署内での悩みなど色々と気にかけてくれています。

改善しようと取り組もうとしている上司の気持ちは見ていて分かります。でもこれまでだらしのなかった部分がすぐに改善出来るか?と言われたら難しいと思います。

部署内の人が苛立って会社の備品等をぞんざいに扱うことがあるのですが(電話の受話器をガチャーン!と置くなど)、それを見聞きするだけでも正直ストレスを感じます。(直接本人に言うと角が立つため、面談時に上司へ改善要望を出しました)

そのような社内にはネガティブな念も漂っているのでなおさら辛いです。やはり私は影響を受けやすい体質だったのですね。
かといってストレスを理由に当り散らすのも良くないと思っているので結局溜め込んでしまいます。

休日に外で発散しようにも、それ以前に発散させるだけの体力が残っていません。

今回、門次郎様にご相談させていただいたのは、私が今の仕事を辞めたいという気持ちが、自分の体調不良にかこつけた思い込みや甘えなのではないか?という疑問と身内以外の第三者からの意見が欲しかったからです。

鑑定結果を拝見して踏ん切りがつきました。
ありがとうございます。

次は1つのことにコツコツ取り組めるような仕事を探してみます。

私はアクセサリー作りには興味があるのですが、自分はむしろ不器用だと思っていました。(裁縫は縫い針に糸を通す時に手が震えます)

事務など仕事で収入を確保して、アクセサリー作りは趣味で始めても良いかな?と思います。

人との関わりは本業にしてしまうと確かに収入の確保は難しく不安定になりやすいので自分が容認出来る範囲で関わっていきたいと思います。

面接先では限られた時間になるべく従業員の顔や会社の雰囲気を見てみます。

契約期間の関係でしばらく今の会社に勤めることになりますが、門次郎様がおっしゃったように、今とは違う環境になれば体調不良が治ることを信じてやっていきます。

鑑定結果へのご質問

最後に1点質問させていただいてもよろしいでしょうか?
前職はやや小さめのワンフロアに全従業員(数人程度)がいるような会社で、そのくらいの会社規模の方が働きやすかったのですが、今の会社はフロアあたりの人数は前職とほぼ同じものの、違うフロアや複数の支店にも従業員がいるので全部で数十人ほどになります。

私に合っている仕事環境であれば、従業員の多い少ないはさほど関係ないかとは思うのですが、こじんまりした会社で働くのが向いているのか、それとも人数は多くても影響はないでしょうか?

人数が多ければ色々な人がいるので、周りの影響を受けやすい体質だとまた気疲れしてしまわないだろうか?と心配してしまいます。

眷属神の乙姫様らしき姿が見えた件

余談となりますが、
門次郎様の以前のブログで、眷属様が訪問していると相談者様から報告があったという内容の記事を拝見したことがあります。

メールのやり取りが無事に出来た日の夜、遅めの夕食後に夫とテレビを見ながら居間でくつろいでいたところ、居間に隣接している部屋があるのですが、その部屋から居間にいる私に視線を向けた白い上着を着た女性のような姿が一瞬見えました。

あっという間に気配は消えたのですが、もしかして乙姫様?と思いました。

自分の目の錯覚だったとしても全然構わないのですが、もし乙姫様だったらすぐに行動されていてビックリです。

当時、夫婦ともダラけてテレビを観ておりましたので見られたとしたらちょっと恥ずかしかったですが(^^;)


上記のご感想を頂きました。

眷属神のお宅訪問についてもお話しくださいましたが、眷属神のお宅訪問は、鑑定依頼が決まった日、鑑定料を支払った日など、割と早く訪問されるというご報告を受けております。

一瞬見えたとのことですが、おそらく乙姫様だと思います。気づいて頂きありがとうございました。ちゃんと眷属神がお宅を訪問していることをわかって頂けて、私としても嬉しい限りです。

ご質問への回答

鑑定結果を真摯に受け止めて頂きありがとうございました。しっかりと私の伝えたかったことが伝わったと思います。

ご自分のことをしっかり分析できていらっしゃるので、分析したことを生活に役立てていけば、よい環境を作っていくことができると思います。

ご質問の件にお答え致します。

自分に合った会社選びで会社の規模は重要

S様はできれば小規模な会社のほうが向いております。大人数の中にいるとすごく疲れます。人の念などの影響を受けやすいので、大人数の職場はしんどいと思います。

大人数になるとその中には必ず気性の荒い人もおります。そういった方と共存することが強いストレスになるので、とても窮屈に感じてしまい向いておりません。

少人数の職場でも、気性の荒い人がいたらいけませんが、そういった方がいる確率は低くなると思います。少人数の職場で、アットホームな空気が流れる職場が合っています。

職種は合っていても、会社の規模が大きければ人の念の影響が大きくなります。できるだけ小規模な会社を選ぶようにしてください。会社の規模は意外と重要です。

もしも事務ではなく何かを作る会社に行く場合、歳下や同年代よりも年配者に囲まれるほうが居心地が良いと思います。年配者に可愛がられる傾向があります。そんな環境で物作りをすると落ち着いて集中でき良い仕事ができます。

手が震えるというのは鑑定ではわからなかったのですが、針に糸を通すのが苦手でも、手先が器用なことに変わりないと思います。思った以上に褒められたりすると思います。趣味の延長でも楽しめると思いますので、是非ともやってみてください。

今の仕事、まだしばらく続けなければならないということですが、どうかお体に気をつけてください。そして次の職場が良い環境であることを祈っております。


上記のお返事をさせて頂きました。

仕事はやはり適職を選ぶべきです。そして自分に合った環境で仕事をするのが望ましいと思います。

大規模な会社が合っている方もいれば、個人経営のような小規模な会社が合っている方もおります。どちらが向いているかは人それぞれ違ます。

合わない環境で仕事をするのは苦痛以外に何ものでもありません。転職する時には、自分に合った環境ということも考えて頂ければ幸いです。

以上、仕事は適職を知り適した環境へ転職するでした。

フォローする