癌と闘う女性・病気は魂を輝かせる | 悩み相談読むサイト

癌と闘う女性・病気は魂を輝かせる

病気、癌という大きな学び

今回は癌と闘う女性というお話です。

まだ30代のN様ですが、闘病生活という大きな課題に取り組んでおられます。

ご相談を頂いた当初は、ブログ記事に掲載を拒否するを選んで頂いておりましたが、鑑定が終わった時に掲載しても良いとお返事を頂きましたので、掲載させて頂くことになりました。

N様のお言葉「ブログ掲載を拒否にしておりましたが、掲載可能に訂正します。わたしと同じ病で悩んでいる方の何かになればと思いました。」

N様のご厚意に甘えて掲載しております。同じような境遇の方もおられると思いますので、ご参考までによろしくお願い致します。

それでは頂いたご相談内容を以下に紹介したいと思います。

ご相談内容

ご相談したいことがあり、メールさせていただきました。可能であれば鑑定をお願いします。

相談したいことですが、自分の体についてです。
約2年前に、舌癌を発病。手術後、再発リンパ節を切除。その後、手術ができない場所に転移がみつかり 今年の4月から8月まで放射線と化学療法にて治療を続けています。

度々の再発、転移が繰り返し起こること、自分の体のことではありますが、落ち込みますしこれからが不安です。

発病してから、体をいたわったり、好きなことを楽しんだり、いろいろしていますが、まだまだ自分の改善が足りない、甘いのかと迷走しています。

わたしの心身について、今後どのようにしていくことが快方へ向かうのか神様からのヒント、アドバイスがいただけたらという思いです。

また、引き続き 放射線 化学療法を続けても大丈夫なのかも悩んでいます。

ざっとでは、ありますが 相談内容になります。
宜しくお願い致します。


上記のご相談を頂きました。

大病は大きな学び

このブログをご覧くださっている中にも大病を患い闘っている方がおられると思います。

大病というのは、バチが当たったと云われることもありますが、バチではなく大病をしたことで得られるたくさんの気づきや、経験のために大病をしています。

病気をしていることで惨めに思うかもしれません。ですが、病気をすることは惨めなことではなく、魂の成長の為に大きな課題に取り組んでおられるのです。

闘病生活で得られる気づきは健常者では分かりません。病気をしたからこそわかること、それというのは目には見えませんがとても大きな財産を手にしておられます。

病気はいけないことではありません。病気をしたこと、病気と向き合っていくことがあなたの課題になっているから病気をしたのです。

自分を憎むのではなく、病気を受け入れ闘っていくことで、たくさんの気づきが得られると思います。魂を輝かせることができると思います。

私のようなものが何を言っても皆様の胸に響かないと思いますが、どうか病気をされた方は自分を責めることがないようにしてください。大変な学びを選んで生まれた強い戦士です。

話が逸れてしまいましたが、今後の方向性などの鑑定結果をご紹介したいと思います。

鑑定結果

癌のような大病は宿命です。生まれる前から決めてきた課題です。大きな課題を持ってお生まれになっているのですね。

病気になりこれまで気づかなかったことをたくさん気づくようになり、健康であることが当たり前ではない、病気を通じて様々な喜怒哀楽を学んでおられると思います。

もう十分に病気とは向き合っておられますが、病気と向き合うのはN様の課題ですので、受け入れて行くことがまず第一歩だと思います。

病気を受け入れ、どう向き合っていくのか、どう闘っていくのかが求められていて、その経験を活かすことで、N様の魂は輝きます。

治療方針のことですが、神様にお伺いしますと、引き続き放射線・化学療法を続けても良い、先生の言うことを聞いていれば良いとおっしゃいます。

N様に関わる先生というのは、親身になってくれる先生が多いと思います。そのような先生とご縁ができるようになっておりますので、治療方針で迷われたら先生の意見を聞いてみると良いそうです。

できる限りの治療を受けることで癌の進行を遅らせることができるので、なるべく治療は拒まずに受けていくべきです。それが病気と向き合うことになります。

神様にN様は努力が足りないのか?とお伺いすると、「今のままで良い」とおっしゃるので、何も努力が足りないから改善されないという訳ではないそうです。

すぐに治らないのも、病気と向き合うことも、治療を通じて学ぶことも、闘病生活の中で得られる経験が魂の財産になるので経験されていることです。

病気になったのはN様が悪いからではありません。病気というのは大きな学びですので、病気を経験すると魂を輝かせることができるのです。

この世は魂を輝かせるためにいろいろなことを経験する場です。現世でのN様は、病気と向き合うことで魂を輝かせるという課題を持ってお生まれになったのです。誰が悪い訳でもありませんので、そのことはご理解ください。

それとご相談にあった以下の部分にお答えしたいと思います。

Q、わたしの心身について、今後どのようにしていくことが快方へ向かうのか神様からのヒント、アドバイスがいただけたら という思いです。

A、N様は正義感や思いやりを強く持てる人だと神様はおっしゃいます。癌という経験の中で得た知識や思いを活用して、人のためになることを考えてみてはいかがでしょうか。

インターネットを活用したり、癌患者に関する会合に出席したり、何かしらの活動をすると、生き生きとした良いエネルギーを得られます。

私も素人ですので具体的な活動内容を提示することはできませんが、癌を経験した人だからこそできることがあると思うのです。

N様は人のためになることをすることで、それが生き甲斐になったり、活力になるので、心身ともに良い効果をもたらします。

『人の為になりたい』という想いをお持ちだと思うのですが、それを活かして頂ければ、新たな自分の発見と、生きる道ができると思います。

無理はいけませんが、もしなにかやってみようと思うのであれば、是非ともチャレンジしてみてください。きっとたくさんの方の支えになれると思います。

上記のことをお伝えさせて頂きました。

鑑定結果へのご感想を少しだけ以下に抜粋。

自分の経験などを活かしていくとよいというアドバイスも、励みになりました。

実際、病院の中に癌患者を対象としたイベントがあり、中には癌経験者の方がボランティア活動をされていました。

入院中 、自分も患者側でイベントに参加し、イベントの時間は 癒しの時を過ごすことができました。自分も楽しみながらできる何かを探してみます^ – ^

N様の今後

N様は上記のようにおっしゃっておりますが、実は鑑定中に癌患として参加されているのではなく、主催者側として参加されている姿が視えたのです。

あまり言うと気負われると思い言いませんでしたが、おそらくN様は今後、癌患者を救うための活動をされます。

N様という方は、とても優しく面倒見がよく、思いやりがある方です。闘病生活をされている同じ境遇の方に寄り添う気持ちを持てる方です。

そういったN様の良いところは今後活かされていきます。きっとたくさんの方に勇気を与えてくださる方になります。今はその過程を学んでおられるので、私としては今後が楽しみです。

だからと言って気負って頂く必要はありませんので、自然体でいてくださいね。誤解されないようにお願い致します。

鑑定結果へのご感想とご質問

– 感想 –

大病は、宿命なのですね…。

病気を患ってから 沢山の学び 出会いがありました。
家族も変わりました。一喜一憂しながらも 向かいあってくれています。とても心強く かけがえのない存在です。

沢山の悩んだり、不安にも襲われ自分を責めてしまうこともあります。でも、日々、苦しいだけありません。門次郎様の言うとおり 喜怒哀楽が沢山です。

治療を続けても良いという お言葉に 少々驚いています。というのも、わたし自身、なるべく体に害の少ない自然療法や代替療法などの方がいいと思っておりました。

しかし、実際、病状をみて 4月~放射線や化学療法を受けています。

体にダメージはありましたが、それなりの効果もありましたし、なんとか耐えらた自分そして体に驚いています。

そして、自分の体、支えてくれる家族や病院の方々、応援してくれる人達に感謝しています。

今、今後の治療について、主治医からある提案されており迷っていました。神様から受けても大丈夫というお言葉は、力強いです。

家族や先生と相談して もう少し検討してみたいと思います。

神様からのお言葉でわたしは 「今のままでよい」と、おっしゃってくださったこと本当にありがたく力添えになりました。ありがとうございます。

ここからは質問になります。

可能な範囲でお答えいただければ 嬉しいです。

これから受けるかもしれない放射線 化学療法は、高額になりそうなのですが、もし受けた場合 家族や家計が心配です…。

あと、神様からのお言葉でわたしは 「今のままでよい」と、おっしゃってくださいましたが、特に気になっているのが、生活面です。

癌について 沢山の情報が飛び交っており、自分の中で衣食住に関わることを模索し選んで実践しています。

わたしは料理や食べることが楽しみの一つで、食べ物に制限がかかることに気をもんでおります。(細かいことですみません)

家族と楽しい食事はかけがえのない時間です。もちろん、暴飲暴食はよくありませし、できるだけ 食品を選んだり、控えたりしている食品もあります。

ですが、厳格に制限することが辛い状況です。楽しくないのです。

正直…控えている物も時々食べたいですし、食べ過ぎない範囲で 食べても大丈夫か (今のままでよいか)その辺りを聞きたいです。

細かいことでお恥ずかしいです。
宜しくお願い致します。

ご質問への回答

治療費の心配をされているのですね。

ですが、治療費が高額であれ、神様はできる限りの治療を受けなさいとおっしゃっているので、受けてください。

受けることはきっと間違いではなく、お金では買えない良い効果をもたらすのだと思います。ですので、無理をしてでも受けて頂いたほうが良いと思います。

食べ物に関しても今のままで良いと言うことです。
暴飲暴食さえしなければ問題がないということです。
自分で注意されておりますが、その感じで問題ありません。

食べることは度が過ぎないようにしていれば大丈夫ということですので、我慢し過ぎるよりも少し大目に見て食べたい物を食べてください。

我慢がストレスになる方が良くありません。食事の時間を楽しんでくださいね。


上記のお返事を致しました。

今回のお話は以上でおしまいですが、大病というのは本当にたくさんの気づきを与えてくれます。

闘病生活をされている方々には頭が下がります。遅かれ早かれ私も大病と向き合う日が来ると思いますが、N様のように強くなれるかわかりません。

ですが、このように頑張っておられる方達がいることも事実ですし、私もその日が来たら向き合わなければなりません。勇気を頂くことができました。

人はその都度いろいろな課題や学びを与えられますが、今できることを一生懸命することが大切なんだと、改めて気づかせて頂くお話でした。

以上、癌と闘う女性でした。

追記・癌経験者様からの心温まるお便り

実はこの記事を公開して直ぐに、ブログをご覧頂いている女性からお返事を頂きました。

「N様の為にご祈祷をしてください。代金は私が替わりにお支払いします。」というお返事を頂きました。

もちろんこの女性とN様は見ず知らずの他人です。お互いに顔も知らなければ名前も知りません。

この女性は癌の経験者だとおっしゃっておりました。だからN様の気持ちがわかるので、自分にできる協力をしたいということだと思います。

私はこのお話に感銘を受けました。

なかなかできることではありません。
素晴らしい人格者だと思います。

このお話は丁重にお断りさせて頂きましたが、乙姫様にこの事を報告すると、終始笑顔で優しい表情をされておりました。女性のお気持ちはしっかりと届きましたし、これが祈祷になれば幸いです。

このような方とご縁を頂けたことを誇りに思いますし、世の中捨てたもんじゃないなと思います。

とても良いお話をありがとうございました。

フォローする