お仏壇にご先祖様が入っていない気がする…そのわけをお伝えします | 悩み相談読むサイト

お仏壇にご先祖様が入っていない気がする…そのわけをお伝えします

お仏壇に魂は入っているのか?お仏壇の本来の役割とは

お仏壇を置かれているご家庭はたくさんあると思いますが、その仏壇に魂が入っていない気がしている方もおられるのではないでしょうか?

今回のご相談は、うちのお仏壇には魂が入っていないのではないか?と疑問を感じておられるご相談でした。

同じように感じているの方も多いのではないかと思います。

そこで、お仏壇には魂が入っているのかどうか?ということも含め、ご相談内容をご紹介させて頂きます。

お仏壇の意味は、他にも見解があると思いますが、私なりの回答を読んでくだされば幸いです。

[ご相談頂いた内容]
「うちの仏壇にご先祖様は入っていないような気がするのです。普段もお盆もお正月も帰っている気がしないのです。仏壇の写真を見て頂いてもらえないでしょうか」とのことです。

ご相談者様は、お仏壇に魂が入っていない気がして、お仏壇の役目を果たしているのかどうか、気になっていらっしゃるご様子です。

これについて回答させて頂いたのが以下になります。

お仏壇の役割とは

仏壇には位牌があり、位牌には魂入れをするので、位牌に魂が宿っていると考えるのが一般的かと思います。

そのことから考えると、ご相談者様のおっしゃるように、仏壇にご先祖様が入っていないという発想になります。

普段もお盆もお正月も帰っている気がしないのは間違いではありません。それは仏壇に魂が宿っているわけではないからです。

私の説明は一般的な解釈とは異なるかもしれません。スピリチュアルの視点での仏壇の役割とは、神棚と同じで、家の中にご先祖様へ通じる窓口をつくるという意味で仏壇を設置します。

極端な話、仏壇がなくても、想いがあればご先祖様に想いは通じます。仏壇を置けば、ご先祖様に対する感謝の気持ちを忘れないことにも繋がります。

仏壇は、ご先祖様の魂が入っているのではなく、ご先祖様へ気持ちを伝える窓口になるとお考えください。

感謝の気持ちを込めて仏壇を綺麗にする。感謝の気持ちを込めてお供えをする。手を合わせてお祈りする。こうした気持ちを届けるには、形として仏壇があったほうが気持ちを入れやすいですよね。そのために仏壇があります。

神様にしても、神社に神様がいるわけではありません。神社も神棚も、神様に気持ちを伝えるための窓口を形にしたものになります。

ですので、ご相談者様がお仏壇にご先祖様が入っていないと感じることは当然のことなのです。

また、お盆やお正月に帰ってくるといのも、ただの言い伝えで、実際に帰ってくるわけではありません。

ただ、お盆やお正月に帰ってくると言われていることから、それを信じている人が、ご先祖様に想いを向けることで、ご先祖様の霊を呼び寄せることはあるかもしれません。私は存じませんが…

しかし、基本的にあの世に旅立ったご先祖様がこの世に降りてくるとは考えにくいので、帰ってくるというのは違うように思います。

上記のことを踏まえて、ご相談者様のご自宅にあるお仏壇のことをお話しさせて頂きます。

お仏壇を拝見する限り、何の心配もありません。成仏されていないご先祖様がおられる時の、エネルギーも感じませんし、ご先祖様の状態に問題はなさそうです。

そのため、先祖霊がどうのこうのと言う話に惑わされることもありません。ご先祖様の状態は至って健全な状態にあるので、祟りなどと言った話に惑わされないようにお願い致します。

お仏壇に対する想いを、これからは変えてみてください。お仏壇はご先祖様へ感謝の気持ちを伝えるための窓口であること。

そして、お仏壇を綺麗にしたり、お供えをすることは、感謝を形に表す行為と認識してください。

お仏壇はとても良い状態にあるので、これからも大切になさったら良いと思います。

上記のお返事をさせて頂きました。

位牌がもっとも重要

上記のことで補足させて頂きます。

お仏壇はご先祖様へ想いを伝えるための窓口だと申し上げましたが、アンテナと言ったほうが伝わりやすかったかもしれません。

要は、あの世にいるご先祖様に電波を飛ばしているような形になります。

そして、お仏壇で重要なのは、お仏壇の中の位牌になります。

お仏壇が家だとすると、位牌が人になります。

位牌に魂が宿るわけではありませんが、アンテナの役割をしているのは、位牌になります。

そう言った意味では、位牌のほうが重要ということになります。

お仏壇に魂が宿るとお考えの方が多いと思いますが、お仏壇はご先祖様へのアンテナの役割になりますが、お仏壇がないご家庭は不安になると思います。

しかし、お仏壇がない、位牌がないからと言って想いが届けられないことはありません。

仏壇や位牌という形ある物があると想いを込めやすくなりますが、何もなくても想いを込めることはできます。

お仏壇はないよりもあったほうが良いのかもしれませんが、極端な話、想いを込めることができれば、それで伝わるので、十分ということにもなります。

今一度、ご先祖様への想い、お仏壇の役割について考えて頂ければ幸いです。